2009年ペナント終了。

 今日の楽天とホークス戦で
パ・リーグのペナントが終了した。
埼玉西武ライオンズは四位に終わり
去年アジア王者になりながら
残念な結果となってしまった。
やはり守護神グラマンが抜けて
中継ぎの不安定さが敗因であろう。
中村が二冠、片岡が盗塁王、中島が最多安打、
涌井が最多勝利を取っただけに残念である。
来季は戻ってくるグラマンに期待しつつ
中継ぎの整備と新たなる選手が出てくることを願う。
野手のほうは確実に成長している中村に
さらなる飛躍をしてもらい、
五番に固定して使える選手がほしいところ。
あと去年の最多安打栗山と片岡の打撃面の
一年間通しての安定性を望みたい。
そして再びペナント、CS、日本シリーズを優勝しほしものだ。

この記事へのコメント